週休3日のススメ~週休2日で疲れ取れますか?~

こんにちは。月曜日にもかかわらず絶賛お休み中の新美(@inaka_free213)です。

朝ごはんを丁寧に作って食べる幸せ…プライスレス…✨

さて、今日は「週休2日って足りなくない?」という記事を書こうと思います。

急に何を言い出すのかという声が聞かれそうですが、何を隠そう…

私は今回、週2.5日休んでとても幸せだったからです。

いや、そりゃそうだろって感じですが。笑

やっぱりそもそも、

1週間に休みが2日って少なすぎじゃない!?

5日働いたら5日休まないと疲れ取れなくない!?

と改めて思いました。みんな働きすぎだよ…(人のこと言えないけど…)

休みが週2日なのはなぜか?

週休2日制を日本が初めて導入したのは、今から50年ほど前(1965年)。

現パナソニックを築いた、松下幸之助が始めたと言われています。

そもそも、それまでは「週に最低1日は休みを与えてね」くらいしか法律がなく(労働基準法)、実際週休1日だったのだとか。

その根拠も、「働けば働くほど業績は上がるだろう」といういわゆる精神論で、科学的な根拠ではなかった様子。

そう考えると、松下幸之助さんには感謝ですね…週休1日とか死ぬ。もちろん効率悪いしね。

週2日では休みきれない~家事で終わる~

その松下幸之助さんですが、週休2日導入を反対する声に対し「1日休養、1日教養」と言って何とか実現させたようです。

いやいや、家事は?育児は!?

大事なとこ入ってないじゃん!!

1日ダラダラして、1日遊んだり勉強して、英気を養う。それはわかる。

けど、掃除は?洗濯や買い出し、子どもの世話は?

松下さあああん!!!!

というわけで、個人的には「1日休養、1日教養、1日家事」の3日は欲しいです。

週5日も頑張ってたら、洗濯物も洗い物も溜まるし、食材もちょこちょこ買う元気ないよ!

汚い部屋じゃ休んだ気しませんしね…もちろん家事は労働ですから、「休養」できるはずがありません。

なので、今後は週休3日を目指していこうと思ってます。

仕事を効率化して、クライアントさんにも周知しておけばできるはず…!

週休3日休むキャラが最強

「いやいや、それはフリーランスだからできるんでしょ?」という方。

会社員なのに有給を使わないなんてもったいない!!!

フリーランスは休み取れますが、休んだだけ月収下がりますからね…。

会社員で有給をなんとか使う方法としては

  • 1か月以上前に申請する(早ければ早いほど文句を言われない)
  • 「有給きっちり使うキャラ」を定着させる(定番化すると何も言われない)
  • 火曜・木曜に休む(月・金は連休、水は週半ばで人気が高く、目をつけられやすい)

といったところでしょうか。

実際1・2個目は同僚が実践していて、ほぼ有給使い切っている人もいました。

3個目は私がよく使ってたんですが、自分としても罪悪感が薄れるし、おすすめですよ。

「いや、そんな小細工で休めるほど甘くない…」「うちの職場は有給取ってる人なんていない…」

という方はもう、転職しましょう。

この記事を読んでいるってことは、相当お疲れですよね?

長い人生、何度か職を変えてみるのも方法としてはアリだと思います。

 一度きりの人生、何が一番大事か?

結局、これに尽きると思うんですよね。

週に2.5日休んだくらいで、大げさなんですけど。笑

予定を詰め込まなくてもダラダラする日と思い切り遊ぶ日を分けられるし、家のことも片付くし。

後の4日もがぜんやる気が出ます。結果、オンオフどちらも充実すると思うんですよね。

もちろん、週5どころかもっと働きたい!!という方はそれでいいと思います。

でも、私みたいに「プライベートも大事!ゆっくりしたい!!」という方は、月に1度でも週休3日作戦、ぜひやってみてください。

すごく充実しますから!!!

あと、余談ですが今回のお休み、公務員時代の有給と何が違ったかと言うと…

  • GW明けの週末に休めた
  • クライアントさん以外(上司・先輩など)に気兼ねなく休めた
  • 休み明けのあいさつ回りがない

ですね。超楽…なにこれ。笑

その分月収は下がりますけどねw

収入より休みが欲しいし、人に気兼ねなく休みたい!という方は、フリーランスもおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ライター/田舎フリーランス養成講座講師。 初月17万達成。FMラジオ「たくまのkokoroここからだ!」出演。note「元公務員ライターが教える、未経験から初月17万円稼ぐ17の方法」発売中。1988年生まれ。法政大学卒業後、都内某役所で5年間勤務。田舎フリーランス養成講座を受講後退職、独立。